しももと動物病院動物

診療時間 10:00~11:45 / 16:00~18:00 休診日 毎週水曜日 / 日・祝は午前診療tel.011-721-8228

診療について

予防診療

健康診断によって注意点を見つけ出し、予防接種や寄生虫の予防によって病気になるのを防ぐだけでなく、たとえ病気になっても早期に発見・治療を行い重症化を防ぎ、更には病気からの回復を早め、再発を防ぐことまでを含めた概念です。

当院では犬と猫にそれぞれ以下の予防をおすすめしています。

狂犬病予防接種(義務)
狂犬病は、感染した犬に咬まれたり、引っ掻かれたりすることにより、人にも感染する病気です。
一旦発症すると人、動物ともに死亡する確率の高い大変恐ろしい病気です。
日本では法律で生後91日を過ぎた犬には、毎年一回の予防接種が義務づけられています。
各自治体で行っている集団予防接種のほか、動物病院でも受けることができます。
狂犬病ワクチンは 、生後110日頃あるいは150日頃に、多種混合ワクチンの合間か、その後に接種します。
混合ワクチン接種(任意)
5種・6種・11種混合ワクチンを用意(飼育環境に合わせた種類をご提案しています。)
フィラリア予防
フィラリア症は、蚊に刺されることで感染する寄生虫疾患です。
心臓や肺動脈にフィラリアという寄生虫が寄生して起こります。
犬の場合、感染すると咳が出る、息切れ、疲れやすいなどの症状がみられ、重度の寄生の場合、死に至る場合もあります。
手術は大きなリスクを伴うため、予防薬の投与が最善の方法です。
症状が気になったら寄生してないか検査することをおすすめします。
また、猫もフィラリア症に感染します。猫の場合ほとんど症状がでないので、特に注意が必要です。
マダニ・ノミ予防
ノミは愛犬、愛猫にとってかゆみだけでなく、アレルギー性皮膚炎や他の病気を引き起こす原因となります。
マダニは多くの病原体を媒介するため、貧血や皮膚炎などのほか、バベシア症など命にかかわる病気を引き起こします。
愛犬の散歩の際に、マダニに感染することがあります。近年ではペットから人への被害も報告されており、怖い寄生虫のひとつです。
飲み薬やスポット剤などで、定期的に対策しましょう。
去勢・避妊手術
混合ワクチン接種(任意)
3種混合ワクチン(5種についてはご相談ください)
フィラリア予防:
猫もフィラリア症に罹患します!
去勢・避妊手術
うさぎ

現在日本において、うさぎの予防接種はありません。

健康診断については年齢、性別、品種、生活環境、性格などによって診るべきポイントが変わりますのでその都度ご相談ください

マイクロチップ

元々は個体識別のため、多くは迷子になった時のためと考えられがちですが、近年度重なる災害によりマイクロチップの重要性が再認識されているようです。
マイクロチップが埋め込まれていれば大切な動物たちとたとえはぐれてしまっても、また再会できる可能性が高くなります

マイクロチップとは直径2mm、長さ12mmのとても小さなガラス製のカプセルで、体に負担のかからない優しい素材で出来ています。副反応はほとんど報告されいません。耐久年数は30年と言われており、生涯にわたって半永久的に使用することができます。それぞれのチップには世界で唯一の15桁の個体識別番号が記録されていて、この番号を専用のリーダーで読み取ります。一度体内に埋め込むと脱落、消失はほとんど無く、書き換えや変更ができません。ですから、迷子になった時、災害時にはぐれた時、盗難にあった時などに安心で、マイクロチップは動物の確実な身元証明になります。

マイクロチップの埋め込みは首の後ろ(背側頚部)皮下に専用のインジェクターを使用します。痛みは普通の注射と同じくらいで、数秒で終わります

マイクロチップのデメリットは、金属が含まれているため、磁気で撮影する MRI検査において画像が乱れてしまうことがあります。
(・2019年6月に改正動物愛護法が成立し、ペットショップなどで販売される犬・猫へのマイクロチップの装着が義務化、一般の飼い主様に対しては努力義務となりました。)

 

健康診断

しももと動物病院では健康診断を通年で実施しています。

わんにゃんドック

動物たちの健康を管理できるのはやはり飼い主様だけです。
しかし動物たちの体調は、普段からよく観察している飼い主様でさえ外からは分からないことがあるのも事実です。
また、若く健康な頃からその子の「正常値」を知っておくことは非常に大切で、万が一病気になってしまった時に「正常値」と比べることが病気の診断と治療にとても役に立ちます。

  • 問診
  • 一般身体検査
  • 血液検査
  • 尿検査
  • 便検査
  • 心電図検査
  • レントゲン検査
  • 超音波検査
  • 問診
  • 一般身体検査:
    • 体温・心拍数・呼吸数の測定
    • 眼・鼻・耳・口腔内・被毛・皮膚・お尻周りなどの視診
    • 腹部・関節の触診
    • 心音・呼吸音の聴診
  • 血液検査
  • 尿検査
  • 便検査
  • 心電図検査
  • レントゲン検査:胸部・腹部
  • 超音波検査:心臓・腹部

※飼い主様のご希望または必要に応じて上記項目以外の検査も追加することができます。
その際には別途料金がかかります。

当院は完全予約制です。ご予約は下記お電話番号からどうぞ。 急患は随時受け付けています。まずはお電話でご連絡ください。

tel. 011-721-8228

診療時間 10:00〜11:45 / 16:00〜18:00
休診日  毎週水曜日 / 日・祝は午前診療

ご来院の際はどうぞお気をつけてお越しください。

犬・猫・うさぎ
しももと動物病院
〒065-0032 札幌市東区北32条東12丁目1-10

休診日:毎週水曜日
※13:00〜16:00は手術時間となります。
※日曜、祝日は午前のみの診療となります。

完全予約制となっております。お電話にてご予約ください。
011-721-8228
夜間マーク 夜間救急のご案内

下記の医療機関へご連絡ください。

札幌夜間動物病院   tel. 011-281-1299

■お車でお越しの方へ
札幌新道の一本南側、北32条通り、イオン札幌元町店の並びに位置します。
札樽伏古ICが最寄りとなります。※駐車場は病院正面に4台分。

■電車・バスでお越しの方へ
札幌市営地下鉄新道東駅より徒歩10分。

※アニコム損保、アイペットの窓口対応可
※クレジットカード/ Paypayもご利用いただけます。